マッサージな日

今年度初マッサージ

本日は今年度初マッサージを受けてきた。日頃の疲れが限界に達していたのと、以前から興味があった「タイ古式マッサージ」と「ヘッドマッサージ」を含んだメニューがある店を見つけたので光速で予約した。マッサージは基本的に年1回、多くても数回行く程度なのだけれど、少し前から定期的に通いたいと思い始めていた矢先のことだった。これからは定期的な身体のチューニングも兼ねて少なくとも月1回、もしくは数ヶ月に1回程度の頻度で通えたらと思っている。

今回のメニュー

今回のメニューは「ボディ + ヘッド & ネック + タイ古式マッサージ」。時間はそれぞれ30分の合計90分で、料金は5000円強。これは相場から見てもかなりお得なメニューだと思う。「ボディマッサージ」は腰と肩を中心にやってもらい、「ヘッド&ネックマッサージ」は完全にお任せした。「タイ古式マッサージ」は初めてだったのだけれど、今回は下半身を中心にやってもらった。マッサージで頭から上半身、下半身から足までの全体を一度にやってもらったのは初めて。

「ボディマッサージ」の感想

「ボディマッサージ」は慢性の痛みがある腰を中心にオーダーしたのだけれど、腰と同じく肩も結構疲れが溜まっているということで同じくらいの割合でやってもらった。今回は指圧の強さは普通でお願いしたが、効く〜痛いのギリギリのラインを常に行き来するような感覚だった。腰も肩も同じくらい効いた感覚があり、気持ち良いというよりは効果がありそうな感じ。恐らくそこまで強く指圧しているわけではなく、こちらの身体の状態がボロボロだったのだと思う。腰は触った瞬間に張ってますねと言われたし、肩に関しては自分ではそこまで疲れが溜まっていたとは知らなかった。ただ実際にマッサージされてみてその溜まっていた疲れを実感した。

「ヘッド & ネックマッサージ」の感想

「iPhone SE」と「Oakley Crosslink」という記事で書いた通り、瞑想でドーパミンをいつでも自由に出せるという特技があるのだけれど、「ヘッドスパ」などはその回路を刺激されるのでとても気持ちが良い。そういう意味でも「ヘッド & ネックマッサージ」は楽しみにしていたのだが、こちらも「ボディマッサージ」と同じく気持ち良いというよりは、こりをほぐしていく感じで中々効いた。自分で思っているよりも、自分の身体がかなり疲れていたのかもしれない。

「タイ古式マッサージ」の感想

最後に今回の主役である「タイ古式マッサージ」。個人的には初めてということでとても期待していたが、正しく期待通りだった。昔ヨガでアーサナを組んでいたことがあるのだけれど、その感覚を多少思い出した。基本的には2人でやることで効果が増すような姿勢を作り、その姿勢でのストレッチを入念にしていくような感じ。これはとても気持ちが良く、効果もありそうだった。指示に従って自分が動く部分もあるのだけれど、基本的には難しいことはなく、流れに沿ってやっていくという感じ。「タイ古式マッサージ」は単体でもまた受けてみたいと思った。

マッサージに求めるものと理想のマッサージ

マッサージに求めるもの

個人的にはマッサージに求める点は主に三つある。一つ目は気持ち良さ、二つ目は一時的な疲れを取ること、三つ目は継続的な身体のチューニングである。これは一つ目が短期的、二つ目は中期的、三つ目は長期的な効果ということになる。マッサージは定期的に通わない限りは、主に一つ目と二つ目の効果が強いように思う。ただ今回のマッサージはどちらかと言えば二つ目と三つ目の効果に焦点を当てていたように思え、この場合は定期的に通った方がさらに効果がありそうに感じた。ただこれは必ずしも長期的な効果がある方が短期的な効果がある方に勝っているというわけではなく、それはその時に自分が求めているものによる。自分にとって本当に気持ちの良いマッサージを受けた時は、いつも散々苦しめられているにも関わらず、腰痛持ちで良かったとすら思うことがある。そういう時はマッサージを受けた後に歩いていると、体重がない、もしくは無色透明で空中に浮いているように感じたりもする。

理想のマッサージ

他の店やメニューも試してみたいので、しばらくは場所を変えつつ試してみることになりそうだ。個人的には受けたいメニューや行きたい店が女性限定だったりする場合が多いので、マッサージ店を探すのは多少苦労することが多い。以前から「アーユルヴェーダ」のマッサージ、特に額にオイルを垂らすものが「第三の目」、つまり「A10神経」のドーパミン刺激に良いのではないかという仮説があり、自分の感覚も含めて体験してみたい。そういう実体験を持っておくと、瞑想の時に体感として使えるようにもなるので便利である。そういった特殊なマッサージを含めて、引き続き自分の理想のマッサージを探求していきたい。